パークゴルフ基礎講座 初心に帰ってパットの技術再確認

今回から2回に分けて、バットの技術講座。今回の基礎編では、「そんなのわかってるよ!」とは言わないで、初心に帰ってもう一度確認してみてください。ラインの見方・狙い方等は、次号の応用編で説明しますので、まずはパットを打ってみましよう。きっと明日からのプレーに役立つことと思います。

バツトの基本は、「フェイスの芯に当てて、真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ打つ」

基本さえ知っていれば、後は自分で工夫して、ー番打ちやすい方法を見つけてください。しかし、まずは基本を理解することが大切です。基本ができて、応用することができることを、再確認してください。

POINT(1) グリップ

パットの場合、短く握ったほうが、スイングがブレないので、芯をはずさずに打つことができます。また、手首は使わず固定させます。
パークゴルフ基礎講座 パット

POINT(2) 目線・スタンス

左目の真下にボールがくる位置に立ちます。スタンスは左足をちょっと開いた方が、カップも見やすく感じます。(左ききの場合は逆)

パークゴルフ基礎講座 パット

パークゴルフ基礎講座 パット

自分の距離を知れ!

自分でどの位クラブを引いたら、どのくらい転がるのかを、事前に把握しておきましよう。

POINT(3) スイング

テイクバックを大きく取らない。小さくしてフォローで回転を掛けることで、ボールが真っ直ぐに転がりやすくします。
パークゴルフ基礎講座 パット

POINT(4) クラブ軌道

低く長く出す。押し出す感覚。
パークゴルフ基礎講座 パット

パットは手ではなく、肩で打て!

ロングバット・ショートバットの打ちわけは、強い・弱いではなく、テイクバックの大きさで決まる!

POINT(5) 上りパット

上りは、ボールの通常より前(カップ前)にアドレスし、アッパーにしないで(ヘッドを上げない)強めに真っ直ぐ打ち出します。
パークゴルフ基礎講座 パット

POINT(6) 下りパット

下りはボールの通常より後ろ(右足側)にアドレスし、大きくオーバーしないように、テイクバックより長くフォローし、ちよっとアッパーぎみにして、回転を少なくします。傾斜を考えてカップの手前までを狙います。
パークゴルフ基礎講座 パット

技術指導 山本 妙子 氏

プロフィール
北海道岩見沢市在住、パークゴルフ歴16年。
北海道フレンドリー事務局
岩見沢フレンドシップ同好会会長
第10回JALカップ全日本パークゴルフ選手権優勝