【パークゴルフ コース研究】えべつ角山パークランド「ななかまどBコース9番」

えべつ角山パークランド「ななかまどBコース9番」

 

無理なショートカットはリスク大!急がば回れのホール

マップの写真が少し古いのか、

コースの左サイドの植栽は現在なく、立木が所々に配置されています。

コース全長:100m

左ドッグレッグで第1打のベストポジション付近には

バンカーが配置されています。

ティショットでは写真の赤丸地点が狙い目ですが、

約60m位のショットになりますので、

ここへのショットも結構難しいと思います。

ドッグレッグですから、ラフをショートカットしたくなりますが、

100mの距離、ショートカットコースに配置されたバンカー、

写真を見てわかる通り、まず無理でしょう。

左ラフをショートカットするのはリスク大です。

 

1球目のプレー「転がし」

ティショットは正面に見えるバンカーに向かって打っていくことになります。

距離的には50m~60mの距離感、

ショートすると2打目のショットがラフとバンカーに阻まれ、

グリーンが狙いにくくなり、オーバーはバンカーにつかまりますので、

第1打の置き場所はとても重要です。

 

第1打目はなんとかグリーンを狙える位置に置くことに成功、

あと10m位奥に就けるのがベストですが、まずまずの結果です。

第2打目ですが、グリーン、ピンまでまだ

50m近く残っているので強打が求められます。

 

ティショットとは違い、地面にあるボールを強打する際、

綺麗にヒットさせるのは意外に難しいものです。

また、フェアウェーがグリーン手前でボトルネック状に狭くなり、

さらに左傾斜が付いているので方向性も重要です。

 

実際の2打目は若干引っ掛けで左方向へ、

傾斜の影響もありグリーン手前の左ラフに捕まりましたが、

寄せパットが打てる状況でしたので、

何とかピンに寄せて4点あがりをセーブしました。

 

2球目のプレー「上げ球」

ラフをショートカットして、左バンカーの左を抜けて、

グリーン手前のフェアウェーまで届けば大成功。

という狙いでハイライナーショットで打っていきましたが、

思い切り引っ掛けショットになり、左バンカーのさらに左の深いラフ、

しかも立木の近くでスイングが難しい状況になりました。

完全にトラブルです。

 

ラフからのロブショットなら、なんとか打てる状況ですが、

立木の添え木がスイングでぶつかりそうな感じで

ショットの時に気になります。

実際のショットもプレッシャーに負けてトップ気味のショット、

グリーンにも届かず左サイドのラフに止まります。

 

3打目もラフからの寄せショットでピン近くまで寄せたい所ですが、

ここでもダフリのミスショットの3連発、グリーンにも届かずラフに止まります。

ほぼナマ5確定のような状況でしたが、

ラフからのパットがほぼ真っすぐのラインでしたので

パットがうまくいき4点をセーブできました。

このホールでラフのショートカットはハイリスクすぎますね。

 

攻略のまとめ

・ティショットはフェアウェーなりに50m~60m距離感をしっかり打つ。

・グリーン手前は左傾斜、フェアウェーの右サイド狙い。

・2打目も強打が求められるゆえに、ゆったりリラックスしたスイングでミスショットを防ぐ。

 

【使用クラブとボール】。