【パークゴルフ コース研究】えべつ角山パークランド「ななかまどBコース6番」右から攻めましょう!

【パークゴルフ コース研究】えべつ角山パークランド「ななかまどBコース」6番

左バンカーが強烈にボールを吸い寄せます。

全長39mと短いホールですが、ピン位置が左の場合、難易度が高いホールだと思います。

全体的に左傾斜があり、軽く右に曲がるS字状のフェアウェーで、左サイドに深いバンカーが待ち構えています。

フェアウェー通りにティショットを打つと、左サイドのバンカーにボールが吸い寄せられる罠が待ち構えているというホールですね。

左バンカーを避けるためには、右サイドのラフを越えていくショットが求められるわけですが、転がしでラフにかかるショットを打った場合、ショットの強さが減少するので、傾斜の影響を強く受け、バンカー方向に曲がりやすくなることも想定する必要があります。

1球目のプレー「転がし」

フェアウェーを転がしで打っていく場合、傾斜によってバンカーへ入ることが予想されるので、右サイドのラフを通していく必要があると考えました。

どの程度ラフにかけるか?

全長39mなので、どの程度強く、実際には50m位の距離感が必要か?など、ラフを転がしで通していく場合、ショットの加減が難しくなりますよね。

実際は1mほどラフにかけて打っていきましたが、思いのほかラフでショットが減速したので、どんどん左サイドへボールが曲がっていきました。

ボールはバンカーを避けてグリーンへ上っていきましたが、グリーン上で左サイドへどんどん曲がっていきます。

そして、バンカーギリギリのラフに何とか止まる結果になりました。

ラフでの減速が予想以上でしたので、フェアウェー右サイドギリギリでもグリーンオンは可能だと思われます。

ただし弱いとバンカーにつかまるかもしれません。

2打目はラフから登り傾斜のショット、すくい打ちが綺麗に入りすぎてしまい、ピンを大オーバー、グリーンからもこぼれてしまいます。

返しのパットも決まらず、4点で上がる結果になりました。

2球目のプレー「上げ球」

ななかまどBコース6番の攻略を考えた場合、上げ球で右ラフをしっかり通していくのがセオリーだと思います。

特にピン位置が右の場合、今回の2球目のティショットはグリーン右サイドにオンしているので、ピンにも近く2点のチャンスになります。

実際のプレーですが、若干右に打ち出し過ぎたかもと思いましたが、しっかりグリーン右サイドにオン。

2打目のパットは打ち切れず、ショートして3点あがりの結果となりました。

 

攻略まとめ

・左バンカーに入れないことが第一優先。

・右ピンの時、ティーショットは上げ球系で右ラフをしっかり越えていくのが理想。

・転がしの場合はフェアウェー右サイドギリギリでもOKだが弱いとバンカーにつかまるかも。

・左ピンはグリーン奥なので、距離感は少し強めで。

 

パークゴルフボール1個プレゼント! MIZUNO ミズノ パークゴルフクラブ MS305 MS305L C3JLP91335 C3JLP91339 C3JLP91362

価格:36,280円
(2019/6/15 00:45時点)
感想(1件)