【みんパゴチャンネル】きもべつ市ケ原パーク「せせらぎ大会」からコース紹介Vol1

きもべつ市ケ原パーク羊蹄コース1番

 

雨の中で開催された「せせらぎ大会」の模様からコースについての解説をしてみようと思います。

深いラフからの寄せテクニックが光る 羊蹄山コース1番のプレー

雨天が続いたため、ラフの刈込がされていないので長く伸びたラフがコースの難易度を高めています。

距離の長い1番ホールはティーショットで飛距離を稼ぎたいホール、フェアウェーが蛇行しているため、グリーン手前にラフが待ち構えています。

プレーヤー達は、1打目がラフに入ることは想定済みとばかりにピン、グリーン方向へフルショット。

2打目はラフからの寄せ、ロブショットのテクニックを駆使します。

このホールのグリーンは低地になるため、グリーン上はラテラルウォーターハザードに近いくらい水を含んでいる状況、カップの手前でボールに急ブレーキがかかり、いつもなら入るパットが入らないというプレーが続きました。

コースが乾いているときのグリーンは奥に向かって高速グリーンなので、この日はカップに打ち切れないプレーヤーさんがほとんどでした。

きもべつ市ケ原パーク羊蹄コース2番

短いホールながらカップ位置が難易度を高める。

カップ位置がグリーンの一番奥の端。

ちょっとでもオーバーすれば、バンカーに入るというカップ位置のため、強気のパットがスコアを崩すことも。

微妙に左カーブを描くフェアウェーは直接グリーンオンを狙うことを阻み、深いラフとバンカーをショートカットしなければグリーンを狙えないレイアウト。

コース距離は短いながら、2点あがりは難しいホールとなっています。

 

きもべつ市ケ原パーク羊蹄コース3番

三日月湖の様なレイアウトは確かなテクニックがなければ攻略不可能

 Google mapより

グリーン方向へ狙うためには、深いラフとバンカー、植栽、さらにグリーン前にもバンカーが配置されているため、グリーン手前のフェアウェーで止めるティーショットが打てれば大成功。

フェアウェーなりに打っていく場合、グリーンオンは3打目となるため、ほとんどのプレーヤーさんがラフをショートカットしてくるホールです。

1打目はグリーンまたはカップを狙える位置のフェアウェー狙いですが、当然ラフに止まるケース、2打目もラフ越えが残る場合もあり、ラフから上げ球系のショットが打てなけば攻略が厳しいホールになります。

 

次回Vol2では羊蹄コース4番~6番のご紹介を予定しています。

 

【パークゴルフグッズの紹介】