「パークゴルフ打ち方」上げ打ちは転がりが少なくなる分ちょっと強めに打とう

「パークゴルフ 打ち方」上げ打ちは転がりが少なくなる分ちょっと強めに打とう

【みんパゴチャンネル】体重移動のタイミングを変えて転がしと上げ打ちを使い分ける。

 

ゴルフのアプローチショットの応用です。

ゴルフの経験がある方ならたぶん理解していただけると思いますが、転がしはランニングアプローチ、上げ打ちはピッチショットの応用になります。

 

単純な話ですが重心位置を左足に体重をかけて打つと転がり、右足に体重をかけて打つとボールは上がるということです。

 

動画の転がしショットで右足を送り出す動作は私自身のコツというか、スイングのタイミングに体重移動を使うので、このようなスイングの仕方が一番なじむので右足かかとを最後に上げるフィニッシュの形をとります。

 

はじめから左足に体重をかけて打つという方法でも同じように転がりのショットを打つことができますし、右足かかとを上げなくても問題ありません。

 

左足にしっかり体重をかけて打っていればボールが高く上がることはほぼありませんので、上げ打ちが禁止されているコースではこの打ち方がお勧めです。

 

この逆で右足に体重をかけたまま打つと、自然とクラブはアッパーブロー系のスイングになりますので、ボールが上がることになります。

 

その代わり、ボールに体重のパワーが乗りませんので飛距離は伸びない傾向になります。

 

以下の動画で転がし系のショットと上げているショットのボールの転がりの違いを確認してみてください。

 

転がしも上げ打ちも同じ力というかスイングで打っているのですが、上げ打ちの方はボールに力がなく、直進力が転がしより弱いというのが分かると思います。

 

その結果、コースの斜面の影響を受けて右へ曲がっていき、飛距離も転がしより短くなっていますね。

 

上げ打ちは転がしショットより若干強めに打っていかないと手前にショートすることを考慮して打つ必要があります。

 

通常上げ打ちはラフを通す、雨天などで芝が濡れていて転がしのほうが飛距離が落ちる場面で使うことがメインです。

 

ただ、コースのレイアウト上の問題、特に斜面やマウンドの影響を受けないためにあえてその場所を避けるために上げて打っていくことはあります。

 

 

 

次回は千歳市パークゴルフ協会、小松指導員のロブショットで攻略でその辺を解説してみたいと思います。