えべつ角山パークランド「ななかまどAコース」6番

ななかまどAコース6番のプレー

しっかり2点を取りたいサービスホール

えべつ角山パークランド「ななかまどAコース」6番をプレーした感想です。

コースの距離は5番と同じく39m、スタート台からグリーンまで真っ直ぐのホールになります。

このホールも難易度的にはやさしいサービスホールになりますので、しっかり2点を狙っていきたいホールです。

うまくいけばホールインワンもあると思います。

カップ位置はグリーンの中央ライン沿いで、若干右寄りに手前カップ、中央ラインの奥側にもカップが配置されてます。

グリーンは奥に向かって傾斜があるので、奥カップの時にピンがらみを狙う場合、グリーンオーバーをする危険性がありすので打ちすぎに注意が必要です。

今回は手前カップでしたので、完全なサービスホールです。

1球目のプレーはしっかり転がしでピン方向に打ち出し、カップ手前1mに着け楽々の2点あがり。

2球目は上げ打ちで右へのフケ球、グリーン右手前のラフに止まります。

ここからのショットはラフからのアプローチショットという動画で編集したプレーになります。

ニッタクスのプレイングアドバイザー、大内選手のプレーを模倣した低い弾道のロブ系ショットでチップイン狙い。

うまく寄せることができて、ラク3キープとなりました。

このホールは余計なことをしないで、しっかりピン方向に寄せるつもりでしっかり転がしショットからピンがらみの寄せを目指しましょう。

運が良ければホールインワンもあります。

 

関連動画