【パークゴルフクラブ試打レポート】2019キャロウェイニューモデル試打

キャロウェイパークゴルフクラブ2019年ニューモデルを試打してきました。

ゴルフ用品メーカーのキャロウェイがパークゴルフに参入したのが2018年。

キャロウェイゴルフの大ヒットパターの2ボールという名前を冠したクラブとキャロウェイといえばビッグバーサがなんといっても有名です。

そして2019年、2年続けてニューモデルを投入してきました。

今回はビッグバーサの上位モデル、グレートビッグバーサとリーズナブルモデルのウォーバードというモデルです。

今回のクラブでは何とも斬新なデザインを採用したグレートビッグバーサが大注目のクラブですね。

グレートビッグバーサ試打レポート

実際に打ってみての感想ですが、このクラブは上級者好みのクラブだと思いました。

まず、重心が高めでクラブヘッドが軽く感じます。

このバランスのクラブは操作性重視の方に好まれるバランスだと思います。

ショットでは基本的にボールを上げにくいバランスなので、しっかりと上げ打ちしたいときは上げる打ち方をしないと上がりません。

最近のクラブは低重心化されているので、スイングをすると自然とクラブヘッドが上を向くように作られていますが、このクラブは自分で上を向くようにクラブ操作をしないと上げ打ちができないモデルだといえます。

低重心のクラブは自然と上を向きますが、パットやアプローチではヘッドが重たくパチンとパンチが入ることがあり、微妙な距離感の調整はヘッドが軽く感じるクラブのほうが調整がしやすい傾向があると思います。

よく上級者の方で、グリップにテープをぐるぐる巻きにして太くされている方を見かけますが、これはグリップ側を重たくすることと、ヘッドの操作性というか、ヘッドが暴れないようにして方向性をよくする効果があります。

キャロウェイは太めのグリップで重心が高めのクラブ傾向なので、操作性を優先しているクラブ作りをしているのかなと想像しています。

動画では、いろいろなショットを試していますが、全体的に方向性がよく、ショットの高さは低めに抑えられているのが分かると思います。

ということで、グレートビッグバーサは特に上げ打ちにこだわらず、方向性とアプローチやパットの小技重視のプレースタイルの方に向いているクラブだと思います。

クラブスペックとしては、男女兼用のスペックになります。

ヘッド:パーシモン

長さ:85cm

重量:525g

ウォーバード試打レポート

ウォーバードを実際に打ってみた感想としては、基本的にはグレートビッグバーサと同じく操作性重視のモデルだと思いました。

ただ、ヘッドが大きめでクラブを構えたときの安心感が高く、ビギナープレーヤーさんにも使ってもらえるクラブを目指したものだと感じます。

打ってみた打感や方向性などもグレートビッグバーサと変わらない印象です。

若干シャフトがしなるのか、ボールの弾道は少し高めの弾道になっていたのと、右へのフケ球というよりは左への引っ掛けが出ていたので、ヘッドスピードが低い人でも打ちやすさを目指している、女性にも使いやすいクラブを目指しているのかな?と感じました。

クラブスペックはグレートビッグバーサと同じく、男女兼用のスペックになります。

ヘッド:特殊合板

長さ:85cm

重量:525g

パークゴルフクラブは通常2年でニューモデルに変わりますので、2020年は2ボールとビッグバーサが新しくなると予想できますね、今から楽しみです。

以上、2019年キャロウェイニューモデルの試打レポートでした。

クラブ選びの参考になれば幸いです。