グリップのデザインに隠された機能

ピポットのパークゴルフクラブ、ハヤブサ2を作ってよくよく観察してみると、グリップに横じまのラインが数本同じ間隔で入っています。

 

これって単なるデザイン?と思いきや、実は距離を打ち分けるときに利用するものと気が付きました。

 

かなり古い話ですが、パークゴルフビューという雑誌があったころ、その中の記事で、グリップの持つ位置で距離を打ち分ける人の話があったのを思い出し、ああ~そういうことか~と思わず納得!

 

ということは?と思い、他メーカーグリップを見てみると、実はニッタクスもゴムのグリップなのに、巻グリップ模様のデザインになっているではないですか!

 

この巻き模様の段に合わせて握る位置を変えていくことで、飛ぶ距離を調整できるというわけですね。

 

ゴルフと違って1本のクラブで距離を打ち分けるのがパークゴルフ

 

スイングのふり幅で調整する人もいれば、クラブの握る場所を変え、長さを調整して距離を打ち分ける人もいます。

 

同じスイングを徹底してクラブの長さを調節して距離を打ち分けるという考え方はとても合理的だと思います。

 

では、そのメモリ代わりなっているライン1本で変わる距離は何メートルか? たぶん1ラインで5mくらいではないかと予想しています。

 

外パークが始まったら検証してみようと思います。