トラブルから3打をキープするテクニック

パークゴルフは36ホールを平均スコア3打で上がるというのがひとつの目標になります。

公式には36ホールでパー132打となっていますが、実際は108打で上がるといのがパークゴルフファーにとってのパープレーということですね。

また、パークゴルフの大会では100切りをしなければ入賞圏内に入らないことから、いかに2打で上がるホールを増やすか!ということがプレーヤーのコースマネジメントに求められます。

さて、今回紹介する動画はティーショットが運悪くラフにつかまってしまった時のリカバリーショットです。

100切りを目指すプレーヤーにとって4打上がりを防ぐということはとても重要なこと、

そこで求められるのが、どのようなトラブルにはまっても、3打で切り抜けるためのテクニック!

ラフからの上げ球でピンに寄せるテクニックが光るプレーをご紹介します。