夏は本場北海道でプレー、冬はあったか千葉でプレー 千葉と北海道でパークゴルフの集客連携

パークゴルフを通じた北海道と千葉県の交流促進協定書の調印式が

10月5日札幌市福移の杜パークゴルフ場にて行われました。

日本経済新聞記事一部引用

協定の内容は、

〝千葉県と北海道のパークゴルフ場計10施設が集客面で連携。

千葉から北海道を訪れた客がパークゴルフ場を利用する際、プレー料金を通常料金から2割ほど割り引く。

千葉のパークゴルフ場でも北海道からの客に同様の割引サービスを適用する。

各パークゴルフ場の割引は11月から順次開始する。

発祥の地である北海道には(公社)日本パークゴルフ協会公認コースが、全国最多の185カ所のパークゴルフ場が集積。

千葉県内にも全国2位の13カ所が点在している。

連携を仲介した成田空港活用協議会(千葉市)は成田空港を発着する格安航空会社(LCC)の利用者増を目指し、パークゴルフを通じた地域間交流を後押ししてきた。

同協議会の担当者は「プレーヤーが相互に行き来し、交流が深まるきっかけにしてほしい」と話している。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください