パークゴルフクラブリーグが5月にいよいよ開幕

2017年1月1日にみんパゴニュースで発表された「パークゴルフクラブリーグ」が2017年シーズンより開催されるという情報から、どのような事が行われるのか、注目をされていた愛好者さんも多いことでしょう。

そのパークゴルフクラブリーグについての情報がパークゴルフ新聞に掲載されました。

パークゴルフクラブリーグの仕組みは、加盟コースで任意の大会をPGCLのポイント対象大会として複数設定

PGCLカードを持っている選手が参加すると、その選手にポイントが付与されるという新しいパークゴルフのゲームだ。(PGCLカードは加盟コースで希望者に無料で配布される)

ポイントは競技性を重視し大会上位10名に付与されるチャンピオンポイントと成績に関係なく参加者全員に付与されるリーグポイントの2種類がある。

競技性を重視したチャンピオンシップの醍醐味は、常に上位を目指すプレーヤーがコースのチャンピオンやエリアチャンピオンを目指し、その結果が全国で何位に入るのかということだ。

地域のTOPプレーヤーが、全国で何位に位置しているのか、地域を越えたライバル同士の戦いがシーズンを通してどのような展開を見せるのかが注目される。

コースを代表するTOPプレーヤーが全国一位を獲得することは、そのコースをはじめ、地域の仲間にとっても誇りであり、名誉となることは間違いないだろう。
 
「PGCLパークゴルフクラブリーグの情報へ  

リーグポイントプログラムは加盟コースで設定しているコースレートに対して自分のスコアを引いた数字がポイントになるゲーム。
パークゴルフのパーは36ホールで132点、これを各コースの難易度に合わせて調整したのがコースレートとなる。

難易度の設定は、各コースで行われている月例会5大会分の男子上位10名の平均スコアを算出し計算される。
2017年シーズンはその平均スコアが102打を基準に、コースレートが132点となるように設定されている。

つまり、平均スコアが100打のコースはコースレートが130点となるわけだ。

[コースレート]-[自分スコア]=リーグポイント となる。

これは、加盟コースで行われるPGCL対象大会に数多く参加することで、確実にポイントを積み重ねることができるので、シーズン中に参加する大会を計画的にすることで、大会での上位入賞はなかなか難しいけど、リーグポイントプログラムなら、計画次第で上位入賞を目指す事が可能になる。
 
「PGCLパークゴルフクラブリーグの情報へ  

いずれにせよ、今までにない新しい取り組みなので、今シーズンの終わりにはどのような結果が出るのか楽しみである。

さて、パークゴルフクラブリーグのもう一つの特徴は、インターネットとの融合である。
PGCLの大会成績は「みんなのパークゴルフ」に発表される。

一般の大会の成績集計はアテスト用紙にスコアを記入してボードに表示して行われていますが、PGCLは加盟コースの対象大会の全成績を集計することから、「みんなのパークゴルフ」パークゴルフ場アシストシステム「パゴスト」を使用して、加盟コースの大会成績の集計を行います。

大会実施時には今までと変わらない成績発表も行われますが、大会終了後、コースが大会成績を「パゴスト」に登録することで、大会成績がみんなのパークゴルフのポイントランキングに反映され、最新の全国成績が更新されます。

さらに、大会参加者の個人成績を保管し、参加者のシーズンの成績をインターネットを使って閲覧できるデータベースを備えている。(当然本人以外が閲覧するこができない様、IDとパスワードを使って閲覧する)

これからは、インターネットをあまり使わなかった愛好者さん達にも、積極的にスマートフォンをはじめインターネットを利用してもらうことで、PGCLとパークゴルフをもっと楽しむことが出来るようになるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください