パークゴルフクラブのグリップ交換

パークゴルフクラブのグリップを交換をしたので、交換方法を解説してみました。

その他のみんパゴチャンネル動画はコチラをクリックしてください。
【みんパゴチャンネル】

ゴルフをされる方なら、グリップの交換をご自身でされる方も多いのではないでしょうか

パークゴルフクラブのグリップ交換は基本的にメーカーへ依頼してくださいという建前ですので、

この様な動画で紹介することも少ないみたいですね。

ゴルフのグリップ交換動画は山ほどあるのですが、パークゴルフでは1本も有りませんでした

一応みんパゴSHOPでもグリップの交換依頼があれば対応するのでセーフ?かな

今回グリップ交換をしたクラブは2008年モデルのブリジストンハイパーアローGX 83cmモデルです。

女性のトッププレーヤーさんから使用しなくなったクラブということで2011年頃に頂いたクラブです。

このクラブの特徴はトゥーバランスという、今では入手困難なゴルフクラブに近いバランスのクラブなのです。

最近のクラブは殆どがフェースバランスといって、クラブを置くとフェース面が真上を向く性質のクラブで

トゥーバランスのクラブはフェース面が横を向くクラブ性質になっています。

詳しくは「みんパゴチャンネル」でもの解説していますので、下の動画をご覧ください。

【みんパゴチャンネル】 トゥーバランスとフェースバランス

ということで、とても大切にしているクラブなのですが、シャフトの中で異音がするではないですか!

どうやら、シャフトを接着しているボンドのはみ出した部分が剥がれおちてきているようで、今回

それを取り除くことと、装着しているグリップが若干オープンに向いているので、それを正しくする為に

グリップを交換することにしました。

現在のパークゴルフルールでは、同一メーカーでなければグリップも交換出来ない事になっているのですが、

2008年モデルのクラブは認定シールが赤ラベルなので(緑ラベルは同一メーカー限定)他メーカーでも交換がOK、といっても、ブリジストンがパークゴルフから撤退しているので、同一メーカーのグリップを入手することは不可能なのですが・・・・・

で、今回武田産業のエアロフィックス用のグリップ(価格900円)を装着することにしました。

グリップの交換は意外と簡単で、ちょっとコツがいるところはありますが、ゴルフ用のグリップ交換キットがあれば簡単に自分で交換できるものなのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

その際は今回の動画を参考にしていただければ幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください