44メートルのティーショット白老PGクラブD-1番

白老パークゴルフクラブD-1番44メートルのティーショットです。

セオリーはフェアウェー右サイドぎりぎりを通すショットです。

ミズノアドバイザリースタッフの竹鼻さんは、綺麗な振り子のスイングでストレートのショットを打ちます。

若干ショートしましたが狙い通りのショットだったと思います。

2番目にショットを打った男性はテークバックは短くフォロースルーで距離感を出すショット

さらにカット気味に打っていましたので、若干スライス気味の弾道が出ていました。

その為か、ティーショットのワンバウンド目が右にキックしていましたね、距離感もぴったり、ナイスショットです。

3番目に打った男性のショットはピン狙いのラフ越え、高いライナーショットです。

ラフによる抵抗を考えた強めのショットだったと思います。

綺麗にバウンドして、思いのほかラフの抵抗を受けず、ピンオーバーになってしまいました。

4番目は白老PGクラブの超ベテランさん、セオリー通り綺麗にフェアウェー右サイドを通す

ストレートのショットを打っていましたね。

距離感もピッタリでした。

その他の動画をご覧にいただくなら

みんパゴチャンネルへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください