【パークゴルフ】ロブショットでコース攻略パート1 ラフをロブショットでショートカット!(再編集)

【パークゴルフ】ロブショットでコース攻略パート1 ラフをロブショットでショートカット!

【みんパゴチャンネル】ロブショットでコース攻略パート1

みんパゴチャンネル【パークゴルフ】ロブショットで攻略パート1

ロブショットでラフをショートカットさせて攻略する動画です。

ドッグレッグのホールにおいて第1打目をコースなりに打ち、フェアウェーをキープ、

第2打目でカップに寄せ、第3打でカップインを狙うというのが基本的なコースマネジメント

ですよね。

一般的にパークゴルフにおけるロブショットとは、ラフに入った時に、浮かせてラフを

超えるショットのことをいいますが、ティーショットにおいても、ロブショットを打つことによって

ラフを転がさず、バウンドさせてラフ越えを狙うことができます。

ティーショットにおけるロブショットは、ラフからのロブショットより高く上げることができ、

強いショットとなりますから状況によっては危険球になることがあります。

ですので、周りの安全を確認して打つのが絶対のマナーです。

混雑している状況では打たない!ということを守っていただきたいと思います。

さて、動画の解説ですが、長沼町の舞鶴スポーツ公園パークいゴルフ場で撮影しました。

コースは55メートルの右ドッグレッグ、左右が深いラフに囲まれている状況です。

フェアウェーをコースなりに打つと、第2打目の残りが15メートルほど残るコースで、

第1打目を打ちすぎると、左ラフにつかまってしまうこともあることから、

右ラフをロブショットで超えて、ピン方向に第1打目を打ち、しっかり寄せることが出来る距離まで

打つことができれば、3打で上がることが楽になるということになります。

上手くいけば、2打上がりの可能性も高くなりますから、チャレンジする価値が

あると思います。

注意したいのは、ロブショットを高く上げようと意識しすぎると、ショットが右に出やすくなりますので、

このコースだと右に白樺の木が並んでいるため、木に当たって明後日の方向にボールが飛んでいく

こともありえますから、そうなると、ナマ5を叩くことも覚悟しなければなりませんので、高く上げようとせず、

リラックスして打つことが大事ですね。

次回は左ドッグレッグ編です。

関連動画

【みんパゴチャンネル】パークゴルフ ラフを上げ球でピン狙い

【みんパゴチャンネル】パークゴルフライナーショット:宮城のトッププレーヤー秋山さん

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください