ゆっくり、のんびりスローパークゴルフ【白老パークゴルフクラブ】

白老パークゴルフクラブでスローパークゴルフと銘打ったイベントが毎月開催されている。

このスローパークゴルフとは、ゆっくり、のんびり、がテーマのパークゴルフ

近年、パークゴルフ場では、待たされることで「早く打て」「早くどけろ」などと、初心者やご高齢のため、

ペースを上げてプレーが出来ない人に対して、配慮が欠けるような言動をする人が見受けられると聞く。

誰でも初心者の時はあり、また高齢になってもパークゴルフが好きで、プレーがしたいけど、

コースで邪魔者扱いされるから・・・・などの理由で、人気コースでのプレーを避ける方もいるそうだ。

以前、障碍のある方達と一緒にパークゴルフをする機会を得て、いろいろお話を聞くことができた。

障碍のある方達も、他のプレーヤーに迷惑を掛けるとの思いから、ずいぶんと気を使ってプレーを

するのだそうだ。

ハンデキャップの差が出にくいスポーツということで、交流、コミュニケーションが世代を超えて楽しめる

というのがパークゴルフの基本理念だと思うのだが、現実はそうではないらしい。

それならば、ゆっくりパークゴルフをしてもらえる機会をコース側が用意すればいいのでは!

と始めたのが、白老パークゴルフクラブのスローパークゴルフ、

毎月1回、任意の金曜日に開催されるスローパークゴルフは、定員20名、

9ホールごとに休憩を挟み、午前と午後に分けて36ホールをプレーするというもの、

白老パークゴルフクラブのスタッフに話を聞くと、毎月このスローパークを楽しみにされているご高齢のご夫婦、

白老パークゴルフクラブの月例会は引退して、もう参加はしないけど、このスローパークだけには欠かさず参加されるメンバーさんもいるそうだ。

白老パークゴルフクラブは北海道胆振地方におけるパークゴルフコースの老舗であり、

30年近い歴史のあるコース、当然長い歴史の中で白老パークゴルフクラブをホームコースとして

パークゴルフを続けられてきたメンバーさんもいる、

そのような方が、大好きなパークゴルフを思い切り楽しめないのは、「あってはならないこと」と

白老パークゴルフクラブのオーナーをはじめ、クラブのスタッフが立ち上げたのが

「スローパークゴルフ」なのだ。

7月のスローパークゴルフが1日行われ、みんパゴクラブメンバーさんからその時の写真が届いたので、

この記事に掲載させてもらいます。

皆さん良い笑顔でプレーを楽しまれたそうですよ。

 

白老パークゴルフクラブ スローパークゴルフ

自分の体調に合わせ「ゆっくり☆のんびり☆やすみながら」パークゴルフを楽しみたい方
・「周りに迷惑をかけるから」と思っている初級者の方 7月1日・8月12日・
9月2日・9月30日(各金曜日)
プレー代:600円 毎回定員20名限定となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください